×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パントテン酸の働きや効果、効率の良い摂取の仕方やサプリメントなどやビタミン不足になると・・・

>>パントテン酸の働きや効果・サプリメントについて

パントテン酸とは

・パントテン酸はビタミンB6ビタミンB1B2ナイアシン(ビタミンB3)ビタミンM(葉酸)ビタミンCと同じく水溶性ビタミンの一種で別名ビタミンB5といいます。パントテンとは「どこにでも広く存在する」の意味でその名のとおり動物性食品から植物性食品まで幅広く含まれています。そのため不足することはあまりないビタミンといえる。パントテン酸は糖質・脂質・たんぱく質の代謝とエネルギーを作るために働く酵素を補助する重要な役割を持っていてコレステロールやホルモンなどの合成にも深くかかわりがあります。なのでパントテン酸は皮膚や粘膜を正常に保つために働いているといえます。パントテン酸はどんな食品にも幅広く含まれている成分ですが、特に多く含まれるのは魚介類や肉類などです。様々な食品に含まれるのでパントテン酸によるビタミン不足の欠乏症はあまり見られないそうですが、まれに精神障害などの報告があるそうです。またパントテン酸はニキビとも深い関係があります。寒くて乾燥している冬に出来るニキビはパントテン酸の不足が考えられます。理由はコーチゾンというストレスのホルモンが増えることによってパントテン酸が不足してしまうことからです。本来パントテン酸は体内で脂肪や脂肪酸を正常にする働きがありますが、コーチゾンの増加によりパントテン酸が不足することにより異常になりにきびになってしまうというわけです。

・パントテン酸の摂取をおすすめしたい人

・ストレスを抱えやすい人

・肌荒れや口内炎になりやすい人

・肥満の予防をしたい人

・飲酒・喫煙をする人

パントテン酸の一日の摂取目安量

成人男性6mg

   

成人女性5mg 

  

子供3〜7mg

   

妊婦6mg・授乳婦9mg

   

上限摂取量-mg

・パントテン酸が含まれる食物

 魚介類・肉類・緑黄色野菜など100gあたり

 鶏レバー・・・10mg 
 豚レバー・・・7mg 
 牛レバー・・・6mg 
 卵黄・・・4mg

 らっかせい・・・2mg


パントテン酸を摂取するときに気をつけたいこと(欠乏症・過剰症など)

・パントテン酸は様々な食べ物に含まれているため、普段の食事で不足することはまずないそうですが、パントテン酸が不足すると不眠や倦怠感、皮膚や髪の毛のつやが悪くなるなどといった症状が確認されているそうです。欠乏症や過剰障害などの心配はあまりないパントテン酸ですが、水溶性のビタミンなので毎日こつこつ摂る事が望ましいです。パントテン酸を特に心がけて摂った方がよい人はストレスを抱えやすい人があげられます。人間はストレスを感じると副腎皮質ホルモンが合成されますがパントテン酸は副腎皮質ホルモンの合成を促す役割があり、副腎皮質ホルモンは抗ストレス作用がありますのでストレスを抱えやすい人は積極的に摂取したいビタミンです。またパントテン酸は脂肪の代謝を促し、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の生成を助けますので、免疫力アップにもつながります。普段風邪を引きやすい、疲れやすい人も積極的に摂った方がよいビタミンといえます。パントテン酸は免疫力アップさせることからアレルギーやアトピーの人にも期待が持てるビタミンといえます。


 

ビタミン・ミネラル

その他

その他

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。